2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなの見たけど

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00309/v09888/v0987100000000548919/?rep=0

これ本当かよ~
だとしたら 本当にすごい人やな・・・
スポンサーサイト

ミスチルのシングルレビューその14

tfcc89251_l.jpg

32枚目のシングル、「GIFT」。
収録曲は歴代のミスチルのシングルでも群を抜く質の高さ。そして、ジャケットを見てもわかるように、それぞれの収録曲を模したデザインとなっていて、それぞれの収録曲どうしの親和性も高くなっております。シングル作品としてはかなり優れた作品なのではないか、と思っています。


1.「GIFT」

タイトルA面曲。
4年前の北京オリンピックNHKテーマソングでした。普通のオリンピック/ワールドカップ応援曲といえば、「負けるな!」、「勝ちましょう!」みたいなメッセージがあったりするんですが、この曲は一風変わっていて、

降り注ぐ日差しがあって だからこそ日陰もあって
その全てが意味を持って 互いを讃えているのなら
もうどんな場所にいても 光を感じれるよ


というフレーズが発しているように、ミスチルは「負けもあって当然だし、認める」という立場を取っているんですね。
こういうところが、それまで紅白に出たがらなかったミスチルのスタンスを表明していて、面白いところでもあります。
こういうフレーズがあると、果たして「GIFT」は選手や視聴者の士気を高める曲だったのだろうかという疑問が生まれるのですが、ミスチルは自分自身のやり方を提示した、という点である意味歴史的な挑戦だったと言えるのではないでしょうか。

2.「横断歩道を渡る人たち」

ジャケットにも横断歩道が描かれています。
この曲はフォーク調で、「1999年、夏、沖縄」にも似た雰囲気があります。しかしこちらは少々アップテンポな曲で、「Split the Difference」ではこの映画中1、2を争う人気のアレンジを披露しています。




この曲の面白いところはやはりその歌詞でしょう。僕は「イライラした母親~その親子は愛し合っているんだ」という部分が、いつもの「櫻井さんなりの分析」が入っていてお気に入りです。

3.「風と星とメビウスの輪(Single Version)」

混み合ったアレンジの前2曲とは打って変わってピアノ+ヴォーカルというシンプルな曲。しかし、世界観は壮大で、宇宙のような広がりを見せています。
終始この静かな曲調が続いて淡白に感じるかもしれません。このため、ファンの多くは「SUPERMARKET FANTASY」に収録されているアルバムバージョンを好んでいるようです。

当時は(Single version)という副題も入っていたためアルバムバージョンがかなり期待されていました。結果、ファンの期待を裏切らない壮大なアレンジとなって収録されました。

ちなみに、ジャケットの横断歩道は「メビウスの輪」にもなっています。

おめでとうMr.Children

いよいよこの日がやってまいりました。

おめでとうMr.Children デビュー20周年!!

シングルに発売未定の新曲、そして来たるベストアルバム!!今年のミスチルはファンにやりすぎなくらい良心的!!!

僕も受験勉強(笑)が終わり大学生活をスタートさせ、さらに忘れていたパスワードをようやく思い出したので更新を再開させたいと思います。

続くかどうかわかりませんが明日あたりからさっそく楽曲レビューを始めようと思います。

駄目だ、続かない

駄目だ、続かない

駄目だよー。更新が続かないよー。


…そういえばミスチルのニューシングルをフラゲ&ベスト盤予約してきました。
ニューシングルの感想といきたいところですが、実はまだ聴いてません。
購入日にちょうどニューパソコンが届く予定だったのです。

もう周知のことだと思うんですが、iPodを普段使っているパソコンと別のパソコンに繋ぐと、もともとあったデータがすべて吹き飛びます。
だからオールドタイプにCDを入れて同期しさらにニュータイプにCDを入れて同期するという二度手間を省こうと考えてるわけです。

あと、CDケースを包む透明の袋(デュークとかでいっつももらえるやつ)が切れたので新しいやつ買うまではCDを開封しないようにしてます。



なんか言い訳がましくてウザイですね。

ベスト盤発売前レビュー(1)

「micro」も「macro」も詳細発表ということで、ベスト盤の発売前レビューでもしようかと思います。

Mr.Children BEST(micro)

1.「優しい歌」
前回のベスト盤「肉」「骨」リリース直後のシングル。オリコン週間1位という面目は保ちましたが、売り上げは「NOT FOUND」より20万ほど落としました。
Aメロとサビという単純な構成ながら使っているコードはなかなか複雑。シンコーミュージックから出ているスコアを持ってますが、これは絶対違うだろという感じの採譜になってます。
曲自体は4分弱でミスチルのシングルでは一番短いです。ベスト盤のオープニングナンバーにはふさわしいと思います。

2.「youthful days」
「優しい歌」リリースの後2ヶ月後リリース。売り上げは前回よりも30万枚ほどアップし、新たなティーン世代のファンを獲得したとかなんとか。
月9ドラマの主題歌だったこともあるのでしょうが、これを知っている友達が多いので、ミスチルの話をする時はよく話題になる曲です。
ジャケット写真のイメージ通り、疾走感あふれる「青春の一曲」。
今回の収録によってまた若い層のファンを獲得出来たら良いのですが。

3.「君が好き」
2002年元旦に発売されたシングル曲。毎年1月上旬は1位を獲得しているCDの売り上げが伸びにくいのですが、この曲は3週連続1位を獲得。これは「シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~」以来の記録らしいです。

曲はこれまでにもなかなかないストレートなラブソングで、美しいバラード。
そのストレートさが功を奏したのか、よくオリコンの「バレンタインデーに合う曲」のアンケートでは上位に入っていることもあります。

4.「蘇生」
やっぱり収録されました。
2001年以降のミスチルの一貫したテーマである「前向きであること」を印象付けた曲です。
この曲は「It's a wonderful world」に収録されていたときに「overture」と音がつながっていて、なんとおよそ8分(笑)の大作だったので、恐らくリミックスバージョンで収録されるでしょう。
かっこいいので沢山の人に聴いてほしいですね。

5.「Drawing」
「youthful days」のカップリングであり、「It's a wonderful world」にも収録されています。
田原さんなどの演奏隊の音はほぼ皆無なのであまり僕は好きじゃないのですが、ドラマタイアップなどもあって知っている人も多く、ファンにも人気があります。
あまり好きじゃないと言いましたが、Aメロの美しさは特筆すべきだと思っています。

6.「いつでも微笑みを」
やはりこれも収録されましたか。
「it's a wonderful world」に収録の、なんともハッピーな感じの曲。
最近ガッキーのCMでタイアップもあったので耳にした方も多いのではないでしょうか。

(明日に続く)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ken8mochi

Author:ken8mochi
こんにちは もち です。

生まれ:愛媛県(最近知った)
育ち:愛媛県
高校生。
生年月日:1993年4月11日。

少々生意気ですが、Mr.Childrenを中心とした音楽のレビューなどをやっています。
オリコンチャートを長らく見てきて、いろんな音楽を聴いてきたので、J-POPについての話題なら任せてください。

・好きなアーティスト
(邦)
Mr.Children
ORANGE RANGE
NICO Touches The Walls
STRAIGHTENER
ASIAN KUNG-FU GENERATION
Salyu
UNICORN
松任谷由実
GRAPEVINE
Bank Band
[campaign]
the HIATUS
Superfly
凛として時雨

(洋)
Radiohead
Coldplay
Travis
Oasis
Blur
Mika
Bjork
Queen
Arctic Monkeys
Pink Floyd
Dire Straits

洋楽は主にUKですね。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ギター動画 (13)
音楽 (46)
健康 (37)
アニメ (11)
曲作り (4)
歌詞 (0)
萎え--- (2)
楽曲レビュー (28)
ガメラ (4)
生き物 (0)

ホジホジ

QR

現在の共感者

現在の閲覧者数:

ホジホジ

あなたは

人目

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。