2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局出たじゃないか。

ガメラのトレーディングフィギュアが今月末発売らしいです。

http://artspirits.biz/products/products01.html

トレードしてどうすんだろ。もしかしてトレーディングってそういう意味では無いのか?
単品1500円で、BOXだと9000円だって。ウーム、買おうか買わまいか・・・(レギオンのリボルテックもあるしね)。

写真だけじゃ何とも評価しがたいのだけれど、イリスガメラにちょっと不満あり。
イリスガメラの最大の特徴は、とげとげしい全身と小さい頭だと思うんですが。サイズがG1に戻った感じがします。顔が小さいとかっこいいんだけどナ。

それと、シークレットがあからさまにト●ウマガメラなのがチョット。


個人的にはG3の飛行ガメラをラインナップに入れてほしかった。
とりあえず優先は「リボルテック レギオン」になりそう。

アマゾンで買うと安いですよ。



それともう一つ。

img033_main.jpg

http://tokusatsurevoltech.com/series033/


リボルテック・スピンオフとして出ていたコールドキャスト製G2涙目のリボルテック・G2(可動)が発売されることとなりました。
台座がついていない分、レギオンと共に飾るならコールドキャスト製を選ぶこととなりそうですが、結局遊んでしまいたいんです。僕は。

可動部がついた分、コールドキャスト製と比べると不気味さが加味されているようですが、それはご愛嬌ですね。
このG2の最大のメリットは…そう、草体のフィギュアがついていることなんです。
前回の記事で言っていた「レギオンプラントを出してくれるといいな」という夢が現実となったんです。
ごく小さな付属品になりそうですが、「特撮大百科」以来のフィギュア化ということで評価すべきでしょう(特撮大百科はランダムだったので)。

開花バージョンで、かつ、ビルがついてるとなおよかった。
無理言うな、ということでしょうな。


P.S.この調子じゃ来年イリス出るよね。絶対。
スポンサーサイト

出やがった…平成ガメラファンよ朗報だ!!

知らなかったのは俺だけだったのか!?

再来月発売、特撮リボルテックNo.32 レギオン !!

img032_main.jpg

半年くらい前に言ってたんだよね、

「もし特撮リボルテックにレギオンが出たら確実に買う」と。
まさか現実になるとは思わなんだ。思わなんだのよ。

やはり着グルミをモデルにしているためか、足部分は太めの仕様。フィギュア自体が200ミリサイズなのでバランスがとりやすいようになっているんだね(コナミのフィギュアは特別仕様ってことか…!)。

http://tokusatsurevoltech.com/series032/によると、レギオン頭部は今までの精密再現フィギュアと違って、頭部のパーツを差し替えする必要がない、とのこと。

こういう精密再現・フル稼働オモチャって余剰パーツが出やすいことが難点だったりするんですが、どうやらこのレギオンはそういう不満を解決してくれそう。

ただ、イメージ画像を見る限りでの不安は、ソルジャーレギオンの再現度。バンダイの食玩の彩色版を連想するのは僕だけでしょうか?
まあ特撮リボルテックですしそこらへんは安心して買えるようにしてあるんでしょ。毎度ファンサービス良好なので。

加えて、G2ガメラも「リボルテック・スピンオフ」として発売されることとなっています。

img032so_main.jpg


こちらはコールドキャスト製(可動ナシ。)で、まさにこのレギオンと並べて劇中を再現させるために出されたようなもの。
こちらもこちらで可動部分が無い分、申し分のない再現度。G2ガメラ特有のシワ部分といい、骨格のむき出しになった頭部といい、さすがリボルテックと言ったところ。
先程も言いましたとおりレギオンと並べてちょうどいいスケールとなっているみたいで、台座もうまくかみ合う仕様らしいです。

まあこの調子でウルティメイト・プラズマガメラとか、ソルジャーにやられるガメラとか、あるいは爆死ガメラとか乱発されなければいいですが…(こんな心配してるの僕だけでしょうか?)。

レギオンプラントなんか出てくれるとちょっと嬉しいかな。

ユリアーナ・シャノーを知っている方おられますか

ええと、今日は僕の好きなアーティストのひとり、ユリアーナ・シャノーさんの紹介です。

誰だよって思う方もおられると思うので一応プロフィールを。

・・・と思ってヤフーに検索かけたけど、ろくな情報がでてこないよ!!!

彼女は2000年に学問の道をゆくために歌手活動を引退しており、その後一切の消息を絶っているのです。。。。
彼女はデンマークかノルウェーの人だったと思うけど、歌をきいてわかるように日本語は達者な方です。

39950385[1]
この画像も当時18とか17とかそこらへんのときのものなので、現在どのような姿になっていらっしゃるかは想像もできません。

主な楽曲としてはアニメ「よいこ」の主題歌「茜色の想い」というのがあって、ジブリのテーマソングみたいな、声にもエコーがかかっていて幻想的な雰囲気。静かなところで聴くといいですね。

んで、彼女の真の代表曲がこれ。

「もういちど教えてほしい」
1999年発売。

何の主題歌かといいますと、「ガメラ3〈邪神覚醒〉」(1999年)のエンディング。
僕は平成ガメラシリーズが好きでよく繰り返し見ていますが、どの主題歌もこれには及びません!これはガメラ好きの僕が断言します。

とは言っても、ほかの主題歌も豪華で、一作目「ガメラ 大怪獣空中決戦」の主題歌が爆風スランプ、二作目の「ガメラ2 レギオン襲来」の主題歌がウルフルズ。やべぇ力入ってるよ・・・。

まず、ガメラをみていないあなた。
ガメラに興味がないというあなた。
ガメラの記事を書いている僕にうんざりしているあなたも、
とりあえずこの曲を聴くべし!!!!
動画貼っておくから!




とりあえず歌はうまいです。
んで、神曲っていうんですよね?こういうの。
ちなみにガメラ3は平成シリーズでも賛否の分かれる作品でありますが、この曲に対する批評は聴いたことがありません。非の打ちどころがないですね。
この曲を発表して12年経ちますが、やはり僕のなかで衰えることはありません。
じゃあ神曲認定ですね。おめでとうございます。

ガメラに対してもですが、ユリアーナ・シャノーさんにかける想いは、自分の周りの誰よりも勝ると自負している僕なのでした。

ギャオスのリボルテックであそんできたよ。

先日レビューいたしました平成ギャオスのフィギュアなんですが・・・。
なんとフジグラン松山にて体験版を発見!!!
おいおい、こんな粗末でいいのか玩具ショップよ!!!!;;;


img_007_main.jpg


「大人『も』遊べる」ってだけあって、やはり子供も遊んでるようです。
リボテのブースカと大魔神が粉砕されていました・・・。
ああ、もったいない。

そんななか、どうやら体験版の新入りらしいギャオスはだれにも触れられていない模様。
迷わず手にとって遊びましたよ・・・。


おい、、、これは子供にはもったいないだろ!!!!

これが子供の洗礼を受けないうちに持って帰りたいとこ…いやなんでもありません。


やはり評判・メーカーの広告どおり、手に取ってみるとわかるんですが、恐ろしいほど可動します。酷使されていくうちブースカ先輩とかみたいになんないのか心配なくらい、グニャグニャいきます
やはりギャオスといえば生物なので、体中のシワや血管といったところまで、ディテールが行き届いているわけですが、バンダイから出ているフィギュアとはやっぱり違う!さまざまなポーズがとれるボールジョイント構造になっており、なんと翅の形状まで変えれるという(!!)。それだけにとどまらず、翅部にあるギャオスの手や、足のかぎ爪、かかと(劇中で一瞬だけアップで映る)までグルングルン回るという可動域の広さ。これは飽き足りません!
そのような可動域の広さもあって、飛行ギャオス(東京襲撃タイプ)の再現も可能。ちっちゃい飛行ギャオスもありますが、そちらの形状を再現できるので、はたしてこれの意義とは一体。せめて、槍ギャオスのミニフィギュアがほしかったところか。
翅が軟質素材なので、生物感たっぷり。そして翅が自由に曲がるので、地上戦ギャオスやタワーギャオスなどを再現したいときも便利。
もともとこのギャオスの顔自体が劇中を完全に真似ていて超リアルですので、ちょっとボールジョイントが露出しているのもあまり気にならないです。やっぱりガメラと両方並べたい!!!

ナイトメア・ビフォア・クリスマスのジャックとかエイリアンもあって、どれも完成度が高くてカッコイイのですが、これを体験コーナーにおくか!?とくにジャック。細えだろうだろがよッ!笑


このギャオスで遊んでいるうちにガメラもほしくなってきました。けどガメラは意外に売り切れてるんだよな。どこ行っても。
やっぱり1995年コンビのこの2体あってこそ買う意義があると思うんですね。

というかギャオスは2体買って、1体は槍ギャオスに改造するっていう手もアリですね。
やっぱり3体買って、1体はGⅢの落下ギャオスにするってのも。


いや素直に3体買って、GⅠの15メートルギャオスにするか。
さーて福岡ドームでも作ろっかな!!(笑)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ken8mochi

Author:ken8mochi
こんにちは もち です。

生まれ:愛媛県(最近知った)
育ち:愛媛県
高校生。
生年月日:1993年4月11日。

少々生意気ですが、Mr.Childrenを中心とした音楽のレビューなどをやっています。
オリコンチャートを長らく見てきて、いろんな音楽を聴いてきたので、J-POPについての話題なら任せてください。

・好きなアーティスト
(邦)
Mr.Children
ORANGE RANGE
NICO Touches The Walls
STRAIGHTENER
ASIAN KUNG-FU GENERATION
Salyu
UNICORN
松任谷由実
GRAPEVINE
Bank Band
[campaign]
the HIATUS
Superfly
凛として時雨

(洋)
Radiohead
Coldplay
Travis
Oasis
Blur
Mika
Bjork
Queen
Arctic Monkeys
Pink Floyd
Dire Straits

洋楽は主にUKですね。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ギター動画 (13)
音楽 (46)
健康 (37)
アニメ (11)
曲作り (4)
歌詞 (0)
萎え--- (2)
楽曲レビュー (28)
ガメラ (4)
生き物 (0)

ホジホジ

QR

現在の共感者

現在の閲覧者数:

ホジホジ

あなたは

人目

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。