2018-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まったく、さいこうだ!!

え、特に変わったことなく10000アクセス迎えることができました。
9回も来てくれた友人がいたんですが、なんというか、それでもうれしいですね。数字が増えるっていうのは。

今日の9時台に9回連続拍手した人のことが気になって仕方ありません。

もっとコンスタントに記事を書かなければ、という気になりますね。



話は変わって、CDシングル・アルバムの上半期チャート発表の件について。



http://www.oricon.co.jp/music/special/2011/musicrank0622/index.html
…ハッハッハ、さいこうだ!!!!

以前からこのブログをご覧になっていた方々は僕の言いたいことはおわかりですよね?(笑)


では、アイドルとK-POPをのぞいたシングルチャートを作ってみましょう。

1位 チームアミューズ 「Let's try again」 262091枚(上半期チャート6位)
2位 B’z 「Don't Wanna Cry」 197400枚(13位)
3位 B’z 「さよなら傷だらけの日々よ」 174133枚(17位)
4位 マキシマムザホルモン 「グレイテスト・ザ・ヒッツ2011~2011」 171869枚(18位)
5位 氷川きよし 「あの娘と野菊と渡し舟」 152298枚(22位)

終わり…?

そう、アイドルとK-POPを除いたジャンルのアーティストをこのチャートからピックアップしても、わずか5組しか残らないんです。

チャートを見ると、どれも同じ事務所のアイドルばかり。ソロあるいは派生形ユニットといった、競争意識の感じられないチャート。
K-POPとなればどんな若手アーティストでもチャートの高水準を獲得。曲は世に多くは流れていないけれども、なぜか5万枚ほどの初動はキープ。

曲を作っているのはもちろん彼らではありません。作曲者の意志や意匠も感じられないまま、単に売り込みの媒体として粗末に扱われているとは思いませんか?
おかげで、どの曲が今年を代表すべき曲なのかもわからぬ始末。
ミリオンヒットが出たのは2007年以来4年ぶりの快挙だけれども、複数商法のアシスト無しでどこまで売り上げを伸ばせたのでしょうか。
いつからCDを何が何でも売るような世の中になったのだろう、ホントに。。。




17年前のチャートは、本当に退屈だったのでしょうか、桜井さん!!!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ken8mochi.blog137.fc2.com/tb.php/130-f2bb76f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ken8mochi

Author:ken8mochi
こんにちは もち です。

生まれ:愛媛県(最近知った)
育ち:愛媛県
高校生。
生年月日:1993年4月11日。

少々生意気ですが、Mr.Childrenを中心とした音楽のレビューなどをやっています。
オリコンチャートを長らく見てきて、いろんな音楽を聴いてきたので、J-POPについての話題なら任せてください。

・好きなアーティスト
(邦)
Mr.Children
ORANGE RANGE
NICO Touches The Walls
STRAIGHTENER
ASIAN KUNG-FU GENERATION
Salyu
UNICORN
松任谷由実
GRAPEVINE
Bank Band
[campaign]
the HIATUS
Superfly
凛として時雨

(洋)
Radiohead
Coldplay
Travis
Oasis
Blur
Mika
Bjork
Queen
Arctic Monkeys
Pink Floyd
Dire Straits

洋楽は主にUKですね。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ギター動画 (13)
音楽 (46)
健康 (37)
アニメ (11)
曲作り (4)
歌詞 (0)
萎え--- (2)
楽曲レビュー (28)
ガメラ (4)
生き物 (0)

ホジホジ

QR

現在の共感者

現在の閲覧者数:

ホジホジ

あなたは

人目

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。